千葉大・立教志望 勉強アドバイス

imgres-11

質問内容

はじめまして!国公立は千葉大、私立は立教大を志望している高3です。 
今、勉強の計画について悩んでいて、相談したいと思って連絡しました。 

9月駿台ベネッセマーク模試 
英語166/200 国語146/200 世界史89/100 数学130/200 地理62/100 理科基礎77/100 
二次は英国社を使います。 

悩んでいること 
・英語 
長文が苦手で読むのに時間がかかってしまいます 
関先生の英文読解→プラチナルール 
が終わったので、過去問とポラリス2に入ろうと思っていますがどうでしょうか?

okです。ただ、先に1年分でいいので過去問を解いてみてください。今後の方針がはっきりと見えてきますので。

単語帳は速単→DUO(1周目)で、単語力もあまりないのでどれくらい単語帳に時間を費やすべきか悩んでます。 

合格点を取るための単語自体は速単で完了しています。その後にDuoを選択しているのは熟語だったり、例文暗記による英作文対策といったところでしょうか?そうであれば問題はありません。一日30分くらいを目安に勉強するといいと思いますよ。

ただし!!!読むスピードに難ありならば、もう速単をCDを聴いて、音読して…の方がいいかもしれませんね。ここらへんは主観にお任せします。

リスニングも模試によってかなり差があるので対策をしようと思ってキムタツ先生の本を紹介されたのですがどうでしょうか…? 

リスニングというとセンター対策ですよね。センター対策にあまり重いものは使いたくありません。できれば速単やDuoもリスニングの勉強を兼ねてほしかったのですが、それを今言っても意味がないので。センターリスニングは点を取るためのルール(テクニック)を知ること、基本的な英語力、慣れの3点が必要です。やるとすればセンター満点のコツとか決める!センターリスニングですかね。あとは過去問で練習という感じでやれば80%は下回らないとは思います。

・国語 
いつも古典に時間を割きすぎてしまい、現文に十分な時間を割けていません(特に小説) 
現代文が特に苦手で、今スタディサプリの講座だけです 
他に参考書もやるべきなのかということと、そうであればどのレベルから始めればいいかがわかりません… 

センターの現代文で点を取るためであれば、センター現代文対策講座が10回分用意されてますが、まだ受講していないでしょうか。ただ、センターと二次(マークと記述)ではまるで土俵が違くて、センター迄なら講座をやっておけばいいと思いますが、二次となると…入試精選とか上級現代文(記述対策用)で演習を重ねておきたいですね。立教も志望ということで、ひとまずは入試精選でいいかもですね。

・全体 
今、どの教科に1番注力すべきか悩んでいます(国語と英語でしょうか…?)

まずは間違いなく英語です。模試で166点というのは本番ではマイナス20点までありえます。模試の段階で180くらいはとれる実力を求めましょう。あとはそうですね、国語になりますが、結局のところ現古漢のそれぞれの完成度によっちゃうんですよね。現代文が苦手ということですが、もし、スタディサプリが合っていないというのであれば、決める!センター現代文だったり、満点のコツ等を利用してみてください。この2教科を主軸にやりながら、世界史は毎日一定量の復習を、それ以外を本番迄に+5〜10点あげられるような計画でいけば、センターでの大幅リードが可能な状況にあると思います。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

4 件のコメント

  • 古文についてです。
    ゴロゴプレミアムと文法を終え、今トムさんにおすすめしていただいた通り
    スタディサプリの古文読解スタンダードを受講しています。
    それが終わったあとは過去問に行くべきか
    Z会の古文上達45を挟むべきか迷っています。
    どちらがいいでしょうか
    ちなみに、有名私大古文演習と関関同立大古文という問題集を先輩からもらったので手元にあります。
    立命館志望です。よろしくお願いします

  • パラグラフリーディングのストラテジーをやろうと思っているのですか、これは解法系参考書なのですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください