東京外語大志望 日本史 論述

imgres-11

質問内容

現在高3で、第一志望は東京外国語大学です。 
日本史の論述について質問させていただきます。 
非常に差し迫った状況なのですが、Z会の「論述のトレーニング」をやっていて、何を書けば良いのかわからない、という問題が多々あります。正直、自分の知識不足は痛感していますが、時間も無いので何をするべきか悩んでいます。 
現在は、毎日教科書を1章ずつ読んで、該当する範囲の問題を解いています。 
東京外大は近現代中心なので、範囲としてはとりあえず近世からのみやっています。 
このまま進めていて良いのでしょうか?何かアドバイスがありましたら、教えていただけると幸いです。 
長文失礼致しました

回答

回答します。

東京外語大学の日本史は論述で差が付く試験ですね。(ぶっちゃけ言うと日本史は最低限得点して、英語で差をつけるんだと思いますが)

基本的には一問一答問題と論述問題で構成されており、前者は落としても1問までしか許されないレベル。私立受験生ならMARCHレベル受験生でもほぼ完答できるレベル。逆に論述は、

わりとストレートな問題で解きやすいのは事実ですが、早くから論述に意識を向けた勉強をしてこないとなかなか太刀打ちできない問題です。

というのも、やはり400字で論述するなんてのは一朝一夕でできるもんじゃないので、長期的な計画で力を付けていかねばならない相手です。

とはいっても残りの時間は限られており、長期的な〜なんて言ってる場合ではありません。

しかしながら、短期で論述を極める!的な魔法のような方法も存在しないです。

>Z会の「論述のトレーニング」をやっていて/毎日教科書を1章ずつ読んで

とあります。ここのクオリティを高めて少しでも質の高い勉強をしていくほかには方法はありません。

まず、本人の心配な点として「何を書けば良いのかわからない」と書かれています。

まぁそれが普通です。しょうがないですね。

論述=日本史の「論点」を知っているか?を試す問題形式

「我々はなぜそもそも歴史を学んでいるのか」

一問一答形式の問題は、「何年に何が起こった」「誰が何をした」「〜の特産品は何だ」を知っていれば解けてしまう場合があります。こんな単なる暗記のために勉強してるんですかね?違いますよね。

なので正誤問題や論述問題では上記の知識に加えて、「なぜ・どういう時代背景で」「その結果どうなって」「それが未来にどう影響を与えたか」(=論点)まで意識しないと解けないような問題が作成されているんです。

我々が大学受験レベルで学んでいる「歴史」というのは「歴史の事実の中のほんの一部」であり、そのほんの一部が教科書などに掲載された理由を理解することが重要なんです。なぜわざわざこの事実が選ばれたんだろうと。

そして

そうか、この出来事は日本史を学ぶ上でものすごく重要なことだなと。

私が過去に作った教科書作成動画では特にそこに気をつけて解説していました。あんな感じで読めるといいんですけどね。

このように継続的に3〜4ヶ月教科書を読み続けていると、あぁ教科書のあそこの部分を書けばいいんじゃねぇの?っていう予測が立てられるんですが、短期的・短絡的な知識だとそうはいかない。

だからしょうがないんです。

なので、そういう人はこれを逆にしましょう。

論述問題をピックアップした教材というのは日本史における「論点」をピックアップした問題集です。

先に問題を解いてみて解説を読んでみる。その該当部分を教科書で確認してみる。

こうすることによって、論点が教科書内ではどのように表記されているのかを理解できます。

そうすると、じゃあこの部分も重要なんじゃないか?と少しずつ「論点」を理解していけるようになります。

ただ単に毎日1章読むのは×、

「解いて重要な論点を理解し、教科書で確認する」この流れを確実にしてください。あとはそれをどれだけこなせるか…です。

 

以上です。頑張ってください。

 

 

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。