初学から偏差値70を目指す人のための世界史参考書・問題集 21選

imgres

世界史の勉強方法

こちらを参考にしてください。

初学者が得意科目にするための世界史の勉強法

使用書籍

必須基本書籍群

※図説は学校で配られたものでいい。

流れ理解補助群

日本史よりはなじみの無い世界であるので、マンガで当時の人々の生活ぶりや出来事をみれるのはありがたい。

参考書群
・青木の実況中継シリーズ

早慶レベル志望者はこちらで。サブノートが復習に使いやすいのが実況中継の強み。

・ナビゲーターシリーズ

センターのみ、MARCHや国立志望者はこちらで十分。サブノートがただの穴埋め問題集なのはもったいないとは思う。レジュメ形式にして復習できるような心意気が欲しかった。あとは世界史なのに地図が少なすぎるという点はマイナスポイント。

・ヨコの流れ用に

一問一答群
ここの選択は実はかなり難しい。

東進は最強にして最恐。オーバーワーク感も否めないが、☆3☆2、一部の☆1だけにしぼってやるなど自分で調整が可能なのでこれでいいとは思う。早慶志望者はこれだろう。

東進ほどの知識量ではないが、実践的で必要にして十分な掲載内容である。索引がついているのは好印象。流れを理解しながらできるという点は東進には無い心遣い。

問題集群:定着補助

こちらを先に完成させてから一問一答で勉強していくのが精神衛生上いいかもしもしれない。センター・MARCHくらいならこれでも対応可能です。

こちらで正誤問題対応力を上げておこう。

正誤問題が対応できる=正確な暗記、因果関係の理解ができているということであるから、これは重要な要素である。
間違えた、かつ、根拠を述べられなかった選択肢があれば、その該当部分の教科書のブロック全体を読み込むこと。

地図対策が必要な方はどうぞ。

問題集群:入試レベル

一問一答との姉妹集。セットで使用するといいだろう。用語問題と記述問題(私大対策・国立対策兼用で使える)のバランスがいい。
解説も充実いる。

表紙とかがかっこいい。解説が図や表でしっかりまとめられているので詳しく、見やすい構成が好印象。
1冊目の問題集としてお勧めできる。

早慶志望者、MARCH志望はガチで世界史を得意科目にしたいって人以外は必要ない。しっかり基礎力をつけてから使用するのが吉。

標準と言ってもしっかり基礎を固めてから使用しないと難しい内容になっています。個人的な好みは【標準>>Z会実力】

タテ・ヨコの流れを改めてしっかりやっておきたい人向け。まんべんなくカバーされている。基礎をしっかりやってから使ってほしい。

◎論述対策

東大、一橋大学、京都大学、筑波大学などの過去問から41題を厳選している。「基本60字」の頻出テーマを集めた小冊子がついている。
見開きで問題から解説・解答まですべて入っているので、取り組みやすい。論述問題に対してどう向き合うか?を教えてくれる一冊。
問題数が多いのがいいが、論述の方法論を教えてくれるものではないので最初にやるべきものではない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキング参加中です。こちらの記事が役に立ったと思ったらよかったらクリックをお願いします!あなたの1クリックが更新のモチベになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

質問・相談は随時受付中です。お問い合わせやコメント欄からお気軽にご利用ください。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください