早稲田商志望 計画添削

imgres-11

質問内容

5月に計画の添削をして頂いたものです。
10月からの添削も是非プロの目からして頂きたいと思い、送らせて頂きます。
今回は国語も含めてよろしくお願いします。

センターの得点は大体7割5分です。

10月
<英語>
・標準問題特訓リーディング
・ハイパートレーニング3
(代ゼミのサテラインで長文読解の講座を3つ取っているので、そちらの復習、音読をしていました。なのでこの2教材に時間を回せず、この時期からでも遅くはないかなと考え、多読と速読も兼ねて入れてみました。)
・世界一わかりやすい早稲田の英語
・過去問

→特訓リーディング(終わり次第ハイパー3)と世界一わかりやすい早稲田の英語、過去問は並行して行く形にしようと考えています。

<現代文>
・開発講座
・早稲田の国語
・過去問

→この3つも並行

<古文>
・元井太郎の古文読解が面白いほどできる本
・中堅私大古文演習
・早稲田の国語
・過去問

→元井の読解は復習です。後の3つを並行

<11月>
・10月に終わっていない教材をやる。
・過去問

→過去問だけだと、精読的なところでミスが出やすくなると思うので、比較的精読重視の問題集をプラスしたいと考えています。

<12月>
・過去問

※文法問題に関してですが、過去問から拾って来て、ミスした問題の分野をネクステなどで完璧に復習して行く形にしようと考えています。

拙い文章ですが、どうかよろしくお願いします。

回答

回答します。この時期、この段階になると第三者的な視点よりかは本人の感覚的なものが重要になります。

正しい、軸のある勉強をしてきているのであれば、自身のもつ考えが最も優先されるべきです。この後1点だけ気になった点を挙げますが、そこは自分で取捨選択して決定してください。

では⇩

 この時期の標準問題特訓リーディングとハイパー3

サテラインで3講座ともなると結構な量をこなしてるはずなんで、特訓リーディングは必要かな?とも思えます。

レベル的にも早稲田レベルの問題ではないので、あえて足すほどかな?と。如いて言えば解説は濃密で、レベルさえ見過ごせば最強の長文問題集です。そういう意味で使用するのはアリだけど、それってサテラインの講座でも濃密なものを受けているはずなので…被ってる..これ以上足す意味はあるかな?と。標準問題特訓リーディングって結構な問題量ですからね。

GMARCH向けではなく難関大対象の長文問題集で演習量を稼ぐほうが期待値は高いというか。

ただ、現状センターが75%?らしいので、そういう視点から見ればアリなんだろうけど…となかなか判断が難しいですね。なので現状の自己分析をしっかりして、本当に需要のある教材なのか?をはっきりさせてみましょう。

ハイパー3に対する「多読速読」の意図はokです。センターの得点率も考えたいところで、、スピード英語長文3をさらに足すとかも無くは無いですよね。

なので自分だったらですけども、ひとまずハイパー3をやり、早稲田の英語・過去問と移行し、そこでの差を見極めてから演習系教材を選ぶかもですね。

悪くない時期に過去問の段階までこれてますね。こっからが勝負だと思うので頑張ってください。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

1 個のコメント

  • センターは速度を克服すれば点数が取れると、解答解説を見る最に思うので、兎に角速読に重点を置いてみます。
    “自分の考えと感覚” 必ず大切にしていきます。
    回答ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください